これで地震も怖くない|外壁塗装は梅雨時期を除いた時期に依頼

経年劣化を防ごう

金属製品を必要とする時、主に丈夫さを考え錆や塗装の剥がれはある程度覚悟して買われると思います。覚悟はしつつも経年劣化で所々剥げた金属製品を部屋に調和させるのは中々難しいものです。 しかし金属塗装の種類が分かる場合は剥がれにくい商品を見分ける事が出来るのです。 現在でも雨ざらしになったりするエクステリアや自動車部品などに使われている金属塗装方法の一つである粉体塗装、この表示があるものは通常の金属塗装より剥がれにくいのです。 スチールの傘立てなども主に粉体塗装されていますので、一般家庭で数年使ったくらいでは塗装が剥げません。 この事からも家の外や、よく使用する金属製品に粉体塗装が適しているという事が分かっていただけると思います。 一般的な金属塗装か粉体塗装かどうかは見ただけでは判断がつきませんので、商品の販売元や、購入する店舗で確認されると良いでしょう。

一般的に売っているペンキなどは顔料に溶剤が合わせてあり、塗った後溶剤が揮発する事で残った顔料が膜になり塗装されます。しかし10ミクロンから40ミクロン程度の厚みしかありませんし、溶剤とのバランスで細かな穴が出来る事が多いのです。そのため剥がれやすく空気に触れ酸化が進み錆びていきます。 剥がれや錆も味としてレトロな雰囲気のDIYを楽しまれたい方は、一般的な塗料が向いています。 一方粉体塗装の厚みは一般的な塗料の4、5倍あるため空気に触れにくく錆びにくいので、剥がれへの強さと錆への強さを望むのなら、金属塗装の会社の他にバイクのフレームの塗装会社などでも請け負ってもらえる場合がありますので調べてみると良いでしょう。