これで地震も怖くない|外壁塗装は梅雨時期を除いた時期に依頼

塗装を行なう

家を建てて10年近く経つと、そろそろ外壁塗装リフォームが必要とされています。 ただ、パッと見た目だけで判断するとまだリフォームが必要な状態ほどではないと判断する人が多いのか、あまり切実に捉えられていないようです。 しかし、外壁をよく見れば小さなヒビや剥がれがあったり、手で触ると白い粉が手についたりといった現象が見られるケース多いとされています。 実は、これらが外壁塗装の劣化のサインなのです。 外壁塗装は、雨風や紫外線といった外からのダメージが家の内部に進入するのを阻止しています。 つまり、これが劣化してしまえば雨水等のダメージが家の内部に入り込み、やがて中から腐食する可能性が高いとさわれているのです。 これを防ぐためにも、劣化が見られたら迅速なリフォームが必要です。 とはいえ、リフォームにはそれ相当な費用がかかるため、予めどの位必要なのか知りたいという人も少なくないようです。 外壁塗装の費用は、家の面積や塗装によって差が出ます。 例としてあげると、30坪2階建てという平均的な家屋で標準的な塗料と工程で行うリフォームの場合、およそ50万円から60万円くらいが相場と言われています。

外壁塗装に使用される塗料は、アクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂の4つがあり、この中から選択することになります。 最も安価なのがアクリル樹脂ですが、耐久年数は5年から7年とやや短いため、定期的な塗り替えが必要です。 アクリル樹脂は以前はかなり多く使用されていましたが、現在はさらに上の耐久性を求める人が多くなったことから、利用率がかなり低下しています。 逆に最も高価なのがフッ素樹脂で、耐久年数が12年から15年と耐久性の高さを誇りますが、この塗料は一般家屋用よりマンションや高層ビル向きなことから、こちらの利用率も低めです。 現在、最も多く使用されているのがウレタン樹脂です。 こちらは木材との相性も良く扱いやすいことで知られ、また耐久年数も7年から10年とリフォーム時期と比例していることから、長年人気を集めていたのです。 しかし、ここ最近この牙城が脅かす存在として浮上してきたのがシリコン樹脂です。 シリコン樹脂は硬度があるため剥がれにくく、耐久性が高いという特徴があり、そのおかげで耐久年数が10年から13年と長くなっているのです。 そのため、価格に比べて耐久性が高いと注目を集めています。